大沢樹生の長男は実子ではなかった!障害や虐待は本当なの?

スポンサードリンク

大沢樹生さんの16歳の長男が、実子ではないと報道されました。

大沢樹生さんはそれを事実と認め、

元妻の喜多嶋舞さんもコメントを発表。

それぞれお互いに連絡もとっていないし会っていない状態とのことですが、

実はこの長男に対しては虐待や障害があるという報道もされました。

はたして本当なのでしょうか?

スクリーンショット 2013-12-25 5.15.30大沢樹生さんはもと光GENJIのメンバーで、1996年に喜多嶋舞さんと結婚。

翌年長男が誕生しますが、性格の不一致などを理由に2005年に離婚しています。

 

長男は、喜多嶋舞さんと大沢樹生さんから

日常的な虐待を受けていたことを週刊誌の取材で明らかにし、

また感音性難聴という障害を持っていることも語りました。

 

大沢さんは、喜多嶋さんと離婚後に再婚し、

不妊治療によって長女を授かりますが、死産しています。

その原因も重い障害によるものであったこと、

そして長男と体格や気質が異なることから、

大沢さんは自らDNAに何らかの問題があるのではないかと考え、

長男とともに検査をすることを提案したといいます。

 

結果は、大沢さんと長男は親子関係はないというもの。

これに対して大沢さんは事実と認めつつも、明確なコメントは避け、

また元妻であり長男の母親である喜多嶋さんも、

多くは語っていませんが、コメントで長男の親権は自分にあること、

長男はアメリカで祖父母とともに生活していることを明かしました。

 

しかし、これが本当なら長男の父親は誰なのか?

という疑問が出てきますね。

喜多嶋さんからそのことが語られる日はくるのでしょうか?

 

 

 

 

 

関連記事


スポンサードリンク

2013年12月25日 大沢樹生の長男は実子ではなかった!障害や虐待は本当なの? はコメントを受け付けていません。 未分類